東京駅開業100周年 Suica

 

 

 

東京駅開業100周年の記念Suica

 

写真 2015-09-26 16 31 57

去年、販売方法の問題でニュースにもなったので知っている人も多いと思いますが
東京駅開業100周年記念Suicaが届きました。(少し前だけど)

Pinotvinは並んでまで欲しいとは思っていなかったのですが
一般販売されるならっていうことで申し込んでみました
結構いい感じのデザインですよね?
値段は2000円で中には1500円分のチャージがされています

写真 2015-09-26 16 31 46

記念の台紙が一緒についてきました

本来ならプレミアのSuicaになったのでしょうが
一般販売されたことによってそれほどレアではなくなりました
申し込みが500万枚程度あったらしいです
申し込んだ全員が買うとは思いませんが、東日本以外の人もSuicaを自宅にいながら手に入れられるということで相当発行されることでしょう

レアじゃない分、普段使うのにもったいない感じもないし
結構いい感じじゃないかな?

東京防災 防災ブック 東京都配布 

東京防災

写真 2015-09-11 0 09 29

数日前に東京防災という黄色い箱がポストに入ってきました
中身は400ページに近い防災ブックと各地域用の防災MAP
その他ドアに貼る用のシールと都知事からのメッセージが入っています
東京の全世帯に配布されている物らしいです

写真 2015-09-11 0 09 39

普通の防災に対する心得や知識の冊子かとおもいきや
中身は結構本気度が高く、消火栓の使い方、簡易トイレの作り方、簡易ランタンの作り方などのサバイバル系から
避難所生活の心得や避難所生活の留意点などのページ
生活再建支援制度の手続き方法や仮設住宅についても書かれています
避難所生活のことや支援制度の手続きなんかについて書かれている本とか見たことなかったのでちょっとビックリします

写真 2015-09-11 0 09 49

極めつけは、巻末に大地震が起こったというだけの漫画が掲載されているのですが、近い将来必ずおこるぞ!みたいな感じで、オチも希望もなく終わります
こういう本を全世帯に配って見せられると
近うちに東京で大地震は起こるのは確実なんだろうなと怖くなりますね

またページ数としては4ページほどで少ないですが、テロ・武力攻撃からの対応に関するページもあります
化学兵器や生物兵器なんかについても個別に書かれていてちょっとリアルです
しかしこれほとんどが「安全な場所へ避難しましょう」ってどうなの?

写真 2015-09-11 0 09 20

結構分厚い本で、都が作ったにしては結構良い出来で面白いです
他の県の方もWebから見ることができるので目を通しておいてもいいかもしれません。(東京防災のページ

まぁ、一通り目を通してみて
実際役に立ちそうな内容の本で
準備と心構えはしなきゃいけないなと思わせられたので、家に届いた意味はあるのかな?
とりあえず防災袋作ってこの本も入れておこうと思いました

 

ボルドー展に行ってきました@国立西洋美術館

国立西洋美術館のボルドー展へ行ってきました
6月から開催していたので、もうかなり後半なのですがやっとです。

写真 2015-09-05 13 53 24

ボルドー展と言ってもワインが主役というわけでは無いのですが
ワイン関連の展示物もかなりあります(ワイン関連の展示には葡萄とグラスのマークがついていました)

紀元前やローマ時代の展示物もかなりありロマンを感じます
Pinotvinは、一応カトリックなので一気に持って行かれました

写真 2015-09-05 13 53 40

目玉はドラクロワのライオン狩りなのですが
他の展示もなかなか面白かったです

展示を見終わって出たところには5大シャトーが並べられていて
これはテンションが上りますね
やはり5本並んだオーラは凄いですね

おみやげコーナーでハーフサイズのワインを買っていく人が多いのが印象的でした
ワインはフィリップ・カステジャのグラン・クール・ボルドー・ルージュとグラン・クール・ボルドー・ブランのハーフサイズ
2本セットが2500円くらいで一本だと1500円くらいだったかな?(曖昧な情報ですみません)
しかしPinotvinは普通に買うより値段が高いよなぁ?とか
保存状態がなぁ?とか思ってしまって買わなかったのですが
家に帰ってから、やっぱり記念に買えばよかったなぁと後悔
はっきりいって中身のワインの事しか考えてなかった
もっとピュアな心を持たないとダメですね

9月23日までやっているみたいなので興味のある方は行ってみて下さい
ワイン好きな人は音声ガイドを借りると田崎真也さんの解説も聴けるのでオススメです。